コンサルティング

不動産の売買は、一般の方には難しく、果たしてこれでベストなのか?身内にうまく報告や説明できない。等のご意見をよく聞きます。
それが最高最善の選択なのか、それとも検討の余地があるのか等を確認するだけでも、費用以上の安心と効果があるものです。
不動産の売却につきましても、不動産鑑定士のサブオピニオンをご活用ください。
以下、そのような過去実例をQ&A形式にてご紹介します。

・相談により納得を得た例

Q.田舎に土地があり、現地の不動産屋に相談したところ、200万円で買ってもらえることになったのですが。。
まずは、周辺の取引事例や売り物件の情報を調べ、価格が妥当かどうか調べましょう。
調査の結果、相場としては250万円ですので、200万円は業者買いの仕入れ水準です。
但し、250万円で売りに出しても、買い手が見つかるかどうかわからない田舎というのが実情でした。
不動産屋も、自己所有物件の売却に力を入れるでしょうし、少額物件について、3%の仲介手数料では、なかなか努力のしてもらいようもないというのが正直なところです。
なお、現地の不動産屋は限られており、こちらの不動産屋に頼んでたとしても、最終的には現地の不動産屋に頼る流れになると思います。
地元の不動産屋が、買い取りの意思を見せたということは、ある意味ラッキーなことかもしれません。
差額の50万円は損したようにも思えますが、売却実現に要しただろう期間と費用や、業者買い取りによって売主の瑕疵担保責任が逃れれたと考えれば、相応に良い話であったと思われます。

・コンサルティング業務へ発展した成功例

Q.共有の賃貸ビルを売却について、共有者が信託銀行さんに任せたいと言っているのですが。。
もし御心配であれば、こちらもしかるべき業者を立てて、共同売却(入札)ということで、こちらも買い手を探しましょう。いずれにしても仲介手数料を按分負担する訳ですから、こちらの意向が効く業者にも、できる限り売却努力してもらうのが望ましいです。
等の相談の結果、弊社にてコンサル業務として対応することになり、以下のような効果がありました。
・信託銀行側の1番札は22億円、こちら側の1番札は27億円で、5億円の高値売却が実現した。
・取引額等の按分に関しては、単に持分割合や経営割合で按分するのではなく、鑑定評価の観点から合理的な持分価格相当を提案した。
・こちら側の業者は仲介手数料をディスカウントしてくれた。
・売却後も周辺の取引状況等を報告することにより、事後的にも最高のタイミングで最高値の売却であったことを確信してもらうことができた。 等