• コンサルティング
  • 公的土地評価

 弊社の業務は、不動産鑑定士の機転と機動力が売りです、他社よりも見栄えのある鑑定評価書を提供します。もし、弊社の対応に満足いただけないなら料金不要、その時はご希望に叶う鑑定業者をご紹介させていただきます。
 弊社が独自に研究開発したドローン鑑定技術は、2019年6月に実務化し、既に多くの方より好評をいただきました。今後は、この新技術を社会一般にも鑑定業界にも広め、より良いサービスの普及に努めます。
 なお、弊社のドローン鑑定システムにつきましては、多方面からの推奨や協力もあり、特許出願中(認識番号719007785)となっております。今後の結果等につきましては当サイトにてご報告いたします。



●ドローン鑑定の実績公開
<令和元年度・6月~12月飛行報告実績内> 
①種別
 一般住宅地4件、中規模工業地2件、寮施設地1件、採石事業地1件、採石用地(山林)1件、寺院墓地1件、集落墓地1件、池沼地1件、スキー場1件
②依頼目的
 減損会計1件、公有資産売却4件、公共事業用地2件、その他現況調査・開発検討など

●ドローン鑑定会と入門セミナー
 弊社は、これまで培ったドローン鑑定のノウハウ(特許出願中)を日本全国の有志鑑定士に広め、適格な実務スタンダードを形成し、相互に連携して新しい分野での大きな成果に達するため、ドローン鑑定会(DA会)を創設しました。
 つきましては入門セミナーの受講していただき、ドローン鑑定を実践していただける会員の募集を開始いたします。
【セミナー概要】
 ・無人航空機とそれを取り巻く各業界の現状動向
 ・鑑定業界にて改善すべき事項と対応(不当鑑定、受任者選定、コンプライアンス)
 ・ドローンの導入(飛行ライセンス、飛行機材、飛行許可承認、保険)
 ・画像処理と鑑定評価書の作成(ソフト、PC)
【ドローン鑑定会】
 ・業態A…ドローン鑑定に関する全ての実務環境を備えた会員
 ・業態B…ドローン調査は行うが、解析処理等はAに依存する会員
 ・業態C…自らはドローン鑑定を行わず、ABに外注してドローン鑑定の成果を利用する会員

●被災物件への対応
 弊社不動産鑑定士福本敬久が、損害保険鑑定人(専門鑑定人A)の登録を得ました。
 台風、地震等の被災物件につきましては、不動産鑑定士としての技量に加え、損害保険の知識、ドローン鑑定の技術を駆使して対応いたします。

●2019甲子園阪神戦チケットプレゼントキャンペーンは終了しました。
 今シーズンも多くの方に弊社年間シートをご利用いただきましてありがとうございました。
 また、来年3月よりキャンペーンを開始いたします。
 詳しくは、「タイガース応援シート」をクリックしてください。


●2019年版土地建物の税金ガイドのご案内。
 弊社では、土地建物の税金ガイドをお配りしております。
 ご希望の方は、事前に弊社宛てにお電話いただいた上で、冊子(A4・96頁・200g)が入る返信用封筒(250円切手を貼り、返送先をご記入ください。)またはレターパック(返送先をご記入ください。)等を弊社までご送付ください。なお、無償提供は1人・社につき1冊に限らせてさせていただきます。


●弊社は学童野球を応援しています。
 以下は、宇治市の岡屋スポーツ少年団のサイトです。
 グーグル等の検索サイトの都合で、一定期間リンクを張らせていただきます。
 よろしくご理解お願いいたします。
 岡屋スポーツ少年団公式サイト(リンク)